GC GRAND FESTIVAL 応援サポーター募集サイト

同じステージで。

これこそ私がやりたかったことだTHIS IS JUST WHAT I NEEDED

1999年夏、デンマークの首都コペンハーゲン

一面に広がる凸凹した原っぱには巨大なステージが建てられていた。しばらくするとその原っぱを埋め尽くすほど多くの観客がやってきた。一番多いのは若いカップル、その中に車いすの人々もよく見かける。家族連れもけっこういる。

カールズバーグの冷えたビールが飛ぶように売れていく。人気アーティストたちがポップス、ロック、ヒップホップとジャンルの違う音楽の演奏をすると、観客のボルテージは徐々に上がった。そして、いつの間にか踊ったり叫んだりし最高潮に達した。

「これこそ私がやりたかったことだ」。

イベント風景写真
GC GRAND FESTIVAL イベント風景

ノウハウと信頼を培ってきた10年

欧米そして日本で、社会性のある活動を目的にしたイベントを視察してきました。グリーンコンサートは、主催者もボランティアも観客も、障がいのある無しに関わらずもっとも対等。「お涙ちょうだい」の雰囲気が一切ありませんでした。

コペンハーゲンでの体験の後すぐ活動を始めましたが、「障がい者が収益のあがるエンタテインメント事業を興す」「チャリティーではない障がい者のイベント」への理解を得ることはできませんでした。

そこで私は、毎年1,000人規模の障がい者の音楽コンテスト開催し続け、10年間経った2013年、やっと日本版グリーンコンサートを立ち上げることができました。

近未来の日本社会のモデル事業

私たち障がい者が、真の自立を勝ち取るためには、多くの障がい者団体が手を携えて、一般の人々を巻き込んでいかなければならないと思います。

私が想像している近未来の日本では、障がい者が、街、野外、職場、家庭などあらゆるところで、あたりまえに、ありふれた存在になっています。

GCグランドフェスティバルは、そんな日本社会のモデルであり、けん引役でありたい。趣旨に賛同していただける方は、応援サポーターとして是非参加してください。

GCグランドフェスティバル 実行委員長
(日本バリアフリー協会 代表理事) 貝谷 嘉洋

写真:主催者 貝谷 嘉洋とイベントにご賛同頂いている著名人ら

開催報告

 このたびは、GCグランドフェスティバル2015に参加してくださりありがとうございます。
今後も、障がい者が自立して社会参加をひろげられるように、今後も開催をしていきます。
   実行委員長 貝谷嘉洋
■開催概要■
 2015年4月17日(金)
 豊洲PIT
 料金:座席指定6,000円(税込) / スタンディング5,000円(税込)
 開場:18:00 開演:19:00
 出演:クレイジーケンバンド、島袋寛子、二人目のジャイナ、MORISHIN
 当日観客動員数:1,207名

応援サポーター募集SUPPORTERS WANTED

 「GCグランドフェスティバル」の開催を通じ、障がい者が、支援やサービスを受ける側ではなく、サービスを提供する側になる。継続的な事業を生みだすことで、就労を増やす活動にご賛同いただける法人・団体・個人様を募集しております。

ぜひ、日本初のこの画期的なプロジェクトを世の中に広めてください。宜しくお願い致します。

詳細を見る
オフィシャルスポンサーロゴ

GCグランドフェスティバルとはABOUT GC GRAND FESTIVAL

「障がいがある人が職場や家庭、エンタメといったシーンに普通に存在する社会の実現」。そのためのツールがこのGCグランドフェスティバルです。

写真:GCグランドフェスティバルのイベント風景
詳細を見る

応援メッセージCHEERING MESSAGE

GCグランドフェスティバルのコンセプトにご賛同いただいている、著名人からの応援メッセージをご紹介します。

写真:イベントにご賛同いただいている著名人ら
詳細を見る

主催団体ORGANIZERS

GCグランドフェスティバルは、NPO法人 日本バリアフリー協会が主催しています。

日本バリアフリー協会ロゴ
詳細を見る

お問い合わせINQUIRY

協賛・および寄付についてのお問い合わせは、メールフォームでご連絡下さい。

メールアイコン
詳細を見る